MENU

お腹の脂肪はどうやって取るの?お腹の脂肪を取る方法について

中性脂肪薬口コミランキング 画像

お腹の脂肪を取るためには、生活習慣を見直したり、
食生活を改善したり、毎日適度な運動をしたりと、
なかなか大変なことが多いです。

 

仕事が忙しかったりすると、全てを見直すのは
難しいかもしれません。

 

手軽にお腹の脂肪を取る方法があれば…

 

食事やサプリメントで簡単に摂取できる成分をご紹介しますね。

 

 

ナットウキナーゼ

 

ナットウキナーゼは、その名の通り納豆に含まれている成分で、
納豆にしか含まれていない酵素です。

 

血液をさらさらにする効果だけでなく、血管中の血栓を溶解する効果が
認められており、お腹の脂肪が原因で起こるさまざまな病気を改善します。

 

納豆を食べるだけでも摂取できるのですが、納豆のあの独特の臭いなどが
気になるという方は、サプリメントなどで摂取することをおすすめします。

 

青魚に含まれるDHAとEPA

 

血液をさらさらにする成分として有名なのが、やはりDHAとEPAでしょう。

 

DHAはドコサヘキサエン酸の略で、悪玉コレステロールにだけ効果を
発揮したり、お腹の脂肪を取る効果があります。

 

EPAはエイコサペンタエン酸の略で、血液の凝固を予防する効果が
ありますので、血栓防止に効果的で、血圧の改善にも作用します。

 

青魚に多く含まれる成分ですが、毎日の食事から摂取することが難しい
成分でもありますので、サプリメントからの手軽摂取していきましょう。

 

Lカルニチン

 

カロリーを消費するためには、お腹の脂肪を使用するのですが、この時、
Lカルニチンが不足していると、脂肪を使うことが出来ないために、脂肪が
お腹に蓄積されてしまいます。

 

つまり、Lカルニチンは、脂質を燃焼させるためには必要不可欠な成分なんです。

 

消費されない糖質や脂肪は、お腹に脂肪として残ってしまいますが、
Lカルニチンは、血液をさらさらにし、お腹の脂肪を改善します。

 

Lカルニチンも、多くのサプリメントに配合されています。

 

その他の成分

 

オレイン酸

オリーブオイルに含まれている成分で、悪玉コレステロールを
下げる効果が認められています。
今では料理などに使用する方が増えてきましたね。

 

食物繊維

野菜や豆類、きのこや海藻に多く含まれています。
腸に届くと、糖質や脂質を吸着して、体外へ排出する働きが
ありますので、食事などから積極的に摂取しましょう。

 

グレープフルーツ

特にグレープフルーツの香りは体温を上昇させ、脂肪を燃焼
させる効果があるようです。

 

アミノ酸

運動の前に摂取することで、効果的に脂肪を燃焼させる効果が
あります。

関連ページ

お腹の脂肪って一体なんですか?原因について
お腹の脂肪はどうして付いてしまうのか?お腹の脂肪が付く原因・メカニズムを紹介しています。
お腹の脂肪が多いと何が悪いの?どうなる?
お腹に脂肪がつくと、どのような弊害があるのかご説明しています。病気のリスクもあるのでご注意ください。
お腹の脂肪が原因になる病気って?
お腹に脂肪がつくと、どのような病気にかかるリスクが生じるのかをご説明しています。
お腹の脂肪を取りたい!手軽に取るには?
お腹の脂肪を取る薬やサプリメントについてご紹介しています。手軽にお腹の脂肪を取ることができる唯一の方法です。