MENU

内臓脂肪の原因になりやすい食事とそうでない食事

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪がつく主な原因は毎日の生活習慣の乱れ
だと言われています。

 

その中でも大きな影響を与えるのが食生活なんですが、
どんな食事が良くないのでしょうか?

 

逆に、内臓脂肪がつきにくい食事の仕方について
ご紹介します。

 

内臓脂肪の原因となりやすい食事

 

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪が増える原因になりやすい食事は、ずばり「洋食」です。

 

脂っこいお肉や揚げ物、パンやパスタ、生クリームたっぷりの
ケーキなど、美味しい洋食を食べ過ぎると内臓脂肪がつきやすく
なります。

 

内臓脂肪の原因について

 

パンの中でも特に菓子パンは、カロリーだけ高くて栄養素が
少なく、実は内臓脂肪の原因を作る塊のようなものです。

 

菓子パンは手軽でとても美味しいのですが、食べ過ぎには
気を付けないといけません。

 

生クリームが良くありませんから、コーヒーとかココアに
生クリームがたっぷり入ったドリンクは危険です。砂糖も
たっぷり入っている可能性が高いですから。

 

また、100%フルーツジュースでも、内臓脂肪の原因となり
やすい果糖を多く含むので注意が必要です。

 

脂っこい食事に炭水化物、ジュースやココアが大好きという
方は、内臓脂肪がびっしりついている可能性が高いですよ。

 

また、食事量は少なくても毎日の晩酌が欠かせない、お酒が
好きという方も、内臓脂肪がたくさん付いている可能性が高い
ので、食生活を一度見直す方が良いでしょう。

 

洋食を避ければ内臓脂肪が落ちるのか?

 

内臓脂肪の原因について

 

洋食を避ければ、確実に内臓脂肪は落ちるはずです。

 

でも、和食中心の食生活をしていても、炭水化物やアルコールを
摂り過ぎるなど、偏った食事を続けていると、内臓脂肪が
つきやすくなりみあす。

 

洋食は全体的に脂肪分たっぷりのものが多いので、特に注意が
必要ですが、和食でもカロリーが高くないか?砂糖を
摂り過ぎていないか?など気をつける必要があります。

 

和食なら何でも大丈夫と言って、食べ過ぎてはいけません。

 

内臓脂肪を落とすための食事

 

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪を落とす食事のレシピやメニューなどは、
ネットを検索するとたくさん公開されてます。

 

でも、特別に内臓脂肪を落とす食事を作らなくても、
例えば、天ぷらを食べる時には衣をなるべく外す、
お肉の脂身は外す、食べ過ぎた翌日はたくさん体を
動かすなど調節すれば、随分違ってくると思います。

 

また、食べ方の順序に気をつけるのも良いです。

 

最初にあ野菜サラダや酢のものなどを食べてから、
炭水化物やお肉を後に食べると、内臓脂肪が付きにくく
なります。

 

内臓脂肪を落とすメニューは、どうしても野菜中心のもの
になってしまいますが、この様に、ちょっと工夫しながら、
運動も取り入れていく方が長続きしますよね。

 

食べることは、人生の楽しみでもあるので、揚げ物や
お肉、炭水化物を全く食べてはいけないわけではないです。

 

でも、ジュースを習慣的に飲むのは止めた方が良いですね。

 

カロリーオフになっているジュースにも、甘味料が使用
されていて、内臓脂肪や糖尿病の原因になると言われていますから、
飲み物はやはりお茶とかにしたほうが健康的ですね。

 

 

お腹の脂肪を取る薬 ランキング

関連ページ

内臓脂肪の原因はお酒かも?
内臓脂肪の原因はお酒かも?内臓脂肪の原因とお酒の関係についてのコラムです。
内臓脂肪の原因になりやすい食べ物
内臓脂肪の原因になりやすい食べ物は?内臓脂肪の原因になりやすい食べ物を紹介しています。
内臓脂肪が体に悪い理由について
内臓脂肪が体に悪い理由は? 内臓脂肪が体に悪い理由についての記事です。
男性の方が内臓脂肪がつきやすい理由は?
男性の方が内臓脂肪がつきやすい理由は?男性の方が内臓脂肪がつきやすい理由についての記事です。
女性なのに内臓脂肪が多い理由
女性なのに内臓脂肪が多い理由とは? 女性なのに内臓脂肪が多い理由についての記事です。
内臓脂肪が落ちやすいと言われる理由について
内臓脂肪が落ちやすいと言われる理由とは? 内臓脂肪が落ちやすいと言われる理由についての記事です。
ガセリ菌が内臓脂肪を落とすのに効果的な理由について
ガセリ菌が内臓脂肪を落とすのに効果的な理由とは? ガセリ菌が内臓脂肪を落とすのに効果的な理由についての記事です。