MENU

内臓脂肪の原因になりやすい食べ物

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪がつきすぎると、健康を害してしまいますが、
どんな食べ物が内臓脂肪の原因になるのでしょうか?

 

どんな食材、食品を避けるべきなんでしょうか?

 

内臓脂肪の原因となる食べ物

 

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪の原因になりやすい食べ物の特徴としては、
動物性脂肪分が多かったり、脂っこいもの、
食物繊維の少ないものになります。

 

例えば、肉汁たっぷりのハンバーグや、ファーストフード、
生クリープたっぷりのケーキや洋菓子などがあります。

 

ハンバーグは、ひき肉の中にわざと脂分をたっぷり入れて、
肉の値段を引き上げるようなところもあるので、
ハンバーグは手作りで、赤身のひき肉で作ったり、
おからや豆腐を混ぜると、内臓脂肪の原因を減らすことが
できます。

 

洋菓子も危険です。特に生クリームやマーガリン、ショートニング
など、ほぼ油分だけで作られたような洋菓子は食べない方が
良さそうです。

 

内臓脂肪が気になるけれど、洋菓子が大好きという方は、
自分で手作りしてみるとか、メタボの方向けの洋菓子を
販売しているお店で買うようにすると良いでしょう。

 

私がよく利用する全国展開の洋菓子屋さんでも、結構低価格で、
カロリーの低い洋菓子が売ってあります。

 

そういうお店を見つけると便利ですよ。

 

内臓脂肪の増加を予防する食べ物

 

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪の原因となる食べ物を知れば、外食の際も、それを
意識的に避けることができます。

 

内臓脂肪を防いでくれる食べ物も併せて知っておけば、
健康維持の上で非常に役に立ちます。

 

例えば、野菜が内臓脂肪の原因となる脂肪の吸収を
抑制してくれるのは有名ですよね。

 

でも、野菜と言っても、そんなに毎日どうやった食べれば
よいの?って思われるでしょう。

 

お勧めは、毎日味噌汁に野菜を入れて食べると、摂りやすい
ですよね。例えば、キャベツや玉ねぎ、じゃがいもなどを
入れると、食物繊維を摂ることができます。

 

食物繊維は、玄米にもたくさん含まれますので、白米だけでは
なくて玄米も混ぜるとか、玄米に変えるとか、玄米入りの
スープを飲むようにするのも良いでしょう。

 

よく内臓脂肪が増えるから食べないとか、極端に食べる量を
減らすという人もいますが、そういう生活を続けていると、
体が飢餓状態になって、ますます体に脂肪を溜めこもうと
働いてしまうので、食事量を減らすのは良いことではありません。

 

食べる量をあまり減らさず、内臓脂肪を落とそうと思ったら、
運動量を増やせば、筋肉の量が増えるので効果的です。

 

自分のライフスタイルを考えて、食べるものや量を考え、
運動も取り入れたりすると、体に負担なく内臓脂肪を
減らしていけるでしょう。

 

 

お腹の脂肪を取る薬 ランキング

関連ページ

内臓脂肪の原因はお酒かも?
内臓脂肪の原因はお酒かも?内臓脂肪の原因とお酒の関係についてのコラムです。
内臓脂肪の原因になりやすい食事とそうでない食事
内臓脂肪の原因になりやすい食事とそうでない食事は? 内臓脂肪の原因になりやすい食事とそうでない食事を紹介しています。
内臓脂肪が体に悪い理由について
内臓脂肪が体に悪い理由は? 内臓脂肪が体に悪い理由についての記事です。
男性の方が内臓脂肪がつきやすい理由は?
男性の方が内臓脂肪がつきやすい理由は?男性の方が内臓脂肪がつきやすい理由についての記事です。
女性なのに内臓脂肪が多い理由
女性なのに内臓脂肪が多い理由とは? 女性なのに内臓脂肪が多い理由についての記事です。
内臓脂肪が落ちやすいと言われる理由について
内臓脂肪が落ちやすいと言われる理由とは? 内臓脂肪が落ちやすいと言われる理由についての記事です。
ガセリ菌が内臓脂肪を落とすのに効果的な理由について
ガセリ菌が内臓脂肪を落とすのに効果的な理由とは? ガセリ菌が内臓脂肪を落とすのに効果的な理由についての記事です。